行政書士試験専門の個別指導(通学・通信)。オリジナル教材の通信販売。

行政書士試験対策専門スクール

ステップアップファースト

〒400-0016 山梨県甲府市武田2丁目6-23

JR甲府駅北口から徒歩7分

受付時間:11:00~20:00(平日)

055-215-2059

令和2年度(行政書士試験 過去問の解説)

問題44 行政法・無効等確認訴訟

正解例「Xは、本件組合を被告として、本件換地処分を対象とする、無効等確認訴訟を提起すべき。」(41文字)

 

問題文に「① 誰を被告として」「② どのような行為を対象とする」「③ どのような訴訟を提起すべきか」とあるので、それぞれ書いてつなげればOK。

<①・②・③:初出題>

 

①は、③が決まった後に考えるのが自然なので、まずは②から考えます。

問題文に「本件換地処分の効力を争い、換地のやり直しを求める」とあるので、Xがする訴訟の対象となる行為は「本件換地処分」となり、②は「本件換地処分を対象とする」となります。

 

次に③ですが、上の問題文にある通り、本件換地処分の効力を争うということは、本件換地処分が「違法で無効」か「違法で取り消せる」ことを争うことになります。

 

問題文に「行政事件訴訟法に定められている抗告訴訟に限る」とあるので、該当する訴訟は、無効等確認訴訟か取消訴訟となりますが、問題文に「取消しの訴え~の出訴期間がすでに経過している」とあって、取消訴訟はできないので、③は「無効等確認訴訟を提起すべき」となります。(無効確認訴訟でもOK)

 

最後に①ですが、無効等確認訴訟の被告適格は、行政事件訴訟法38条1項にある通り、取消訴訟の被告適格(11条)が準用されます。

 

本件換地処分をした本件組合は、11条2項の「国又は公共団体に所属しない行政庁」に該当するので、①は「本件組合を被告として」となります。

 

【参考】行政事件訴訟法

38条1項 第11条から第13条まで、第16条から第19条まで、第21条から第23条まで、第24条、第33条及び第35条の規定は、取消訴訟以外の抗告訴訟について準用する。

11条2項 処分又は裁決をした行政庁が国又は公共団体に所属しない場合には、取消訴訟は、当該行政庁を被告として提起しなければならない。

 

なお、取消訴訟の出訴期間を経過しているということは、本件換地処分が出てから6ヵ月は経っていることになるので、その間に本件組合が解散している可能性もありますが、問題文に組合の解散については書かれていないため、組合は解散していないことを前提に解答すれば良いと考えられます。

行政事件訴訟法の各条文について、わかりやすく解説している教材を販売しています。

詳しくは、「行政事件訴訟法の逐条解説」をご覧ください。

行政書士通学講座の個別受講相談(無料)を随時実施しています。

  • 行政書士試験に合格するために何をどう勉強すればいいのか迷っている方

  • 今の勉強を続けても行政書士試験に合格できる気がしない方

  • 行政書士試験に合格するためには基礎から学び直す必要があると考えている方

  • 行政書士試験の記述式の解答用紙を埋められない方

  • 独立に向けて行政書士試験に合格したいけれど、足踏みが続いている方

  • 初めて法律を勉強するので何から手をつければいいのか判断がつかない方

ステップアップファーストは、行政書士試験に合格するために、受講者一人ひとりに合わせたオーダーメイドの試験対策を行う「個別指導」にこだわった行政書士試験対策専門スクールとして、10年間で多数の合格者を送り出してきました。

 

行政書士の資格取得を考えている方が、安心して行政書士通学講座を受講いただけるように、個別の受講相談(無料)を随時実施しています。

受講前に疑問に思っていること、不安や悩みなど、何でもお気軽にご相談ください。

行政書士試験対策の専門家が、あなたの疑問、不安や悩みを解消いたします。 

詳しくは「個別受講相談(行政書士通学講座)」をご覧ください

代表者(講師)

ステップアップファースト 代表
清水 一嵩(しみず かずたか)

親切・丁寧な対応をモットーとしています。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

電話番号

055-215-2059

所在地

〒400-0016
山梨県甲府市武田2丁目6-23

JR甲府駅北口から徒歩7分

地図

スクール外観

当スクールは、2階の左から2番目の部屋です。

駐車場

駐車場は、建物の隣にあります。
右側が時間貸、左側が月極で、左側の月極の「7番」が当スクールの駐車場です。

サイト内検索

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索