行政書士試験専門の個別指導(通学・通信)。オリジナル教材の通信販売。

行政書士試験対策専門スクール

ステップアップファースト

〒400-0016 山梨県甲府市武田2丁目6-23

JR甲府駅北口から徒歩7分

受付時間:11:00~20:00(平日)

055-215-2059

理解度チェックテスト

行政手続法(中級・解答解説)

1 行政手続法の目的は、次の2つです。(1条1項)

・行政運営における公正の確保と透明性の向上を図る

・国民の権利利益の保護

 

2 標準処理期間は「申請が事務所に到達して」から「申請に対する処分をする」までの間です。(6条)

 

3 申請拒否処分をするときに、同時に理由を示す義務がない場合は「許認可を取るために必要な条件を明らかに満たしていない場合」です。(8条1項)

 

4 弁明ではなく、聴聞が必要な不利益処分は4つあります。(13条1項1号)

①許認可を取り消す不利益処分

②資格や地位をはく奪する不利益処分

③解任や除名を命じる不利益処分

④行政庁が相当と認めるとき

 

①~③のうち、どれか1つが書けていればOK。

①は特に重要なので、必ず覚えましょう。

②③④は、細かい知識です。

 

5 不利益処分をするときに、同時に理由を示す義務がない場合は「理由を示さないで処分をすべき差し迫った必要がある場合」です。(8条1項)

 

6 行政庁が、文書等の閲覧請求を拒否できるのは「第三者の利益を害するおそれがあるとき」か「正当な理由があるとき」です。(18条1項)

 

7 口頭で弁明をすることができるのは「行政庁が口頭ですることを認めたとき」です。(29条1項)

 

8 行政指導を口頭でするときに、相手方が行政指導の内容等を書面で交付するよう請求しても、書面を渡す必要がない場合は、次の2つです。(35条4項)

①その場で終わる行政指導

②既に書面やメールで通知ずみ

 

9 意見公募手続の意見提出期間を30日未満にできるのは、「やむを得ない理由があるとき」です。(40条1項)

 

10 意見公募手続で提出された意見を公示する義務がなくなるのは、「第三者の利益を害するおそれがある」か「正当な理由がある」ときです。(43条3項)

行政手続法の各条文について、わかりやすく解説している教材を販売しています。

詳しくは、「行政手続法の逐条解説」をご覧ください。

行政書士通学講座の個別受講相談(無料)を随時実施しています。

  • 行政書士試験に合格するために何をどう勉強すればいいのか迷っている方

  • 今の勉強を続けても行政書士試験に合格できる気がしない方

  • 行政書士試験に合格するためには基礎から学び直す必要があると考えている方

  • 行政書士試験の記述式の解答用紙を埋められない方

  • 独立に向けて行政書士試験に合格したいけれど、足踏みが続いている方

  • 初めて法律を勉強するので何から手をつければいいのか判断がつかない方

ステップアップファーストは、行政書士試験に合格するために、受講者一人ひとりに合わせたオーダーメイドの試験対策を行う「個別指導」にこだわった行政書士試験対策専門スクールとして、10年間で多数の合格者を送り出してきました。

 

行政書士の資格取得を考えている方が、安心して行政書士通学講座を受講いただけるように、個別の受講相談(無料)を随時実施しています。

受講前に疑問に思っていること、不安や悩みなど、何でもお気軽にご相談ください。

行政書士試験対策の専門家が、あなたの疑問、不安や悩みを解消いたします。 

詳しくは「個別受講相談(行政書士通学講座)」をご覧ください

代表者(講師)

ステップアップファースト 代表
清水 一嵩(しみず かずたか)

親切・丁寧な対応をモットーとしています。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

電話番号

055-215-2059

所在地

〒400-0016
山梨県甲府市武田2丁目6-23

JR甲府駅北口から徒歩7分

地図

スクール外観

当スクールは、2階の左から2番目の部屋です。

駐車場

駐車場は、建物の隣にあります。
右側が時間貸、左側が月極で、左側の月極の「7番」が当スクールの駐車場です。

サイト内検索

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索